2008年09月12日

...失敗。

8月中の休日出勤の振り替えで、連休をとっているダンナさま。

出がけに、
「たまにはさぁ、料理の本見たりとかレシピ検索とかして、本格的な晩御飯つくって待っててよ〜目
なんていじわるっぽく、言ってみた。
戸惑い顔のダンナふらふらに、畳み掛けるように
「9時ぐらいには、帰れると思うからさっ揺れるハート
と、ニコニコ笑顔で手を振って出勤。


ところが!

職場に着いたら、そんなことすーーーーーーーっかり忘れて、
授業が終わってからも、記録簿つけたり、明日以降の授業の準備したりで、結局いつもとおんなじ、日付越え帰宅。

0時過ぎのメトロに乗りながら、
やばっ!私、出掛けにあんなこと言ったんだっけ…。
って思い出したけど、
でも、まさかね…。と深くは考えず家路を急ぐ。

カチャッ。
・・・・・・。

ドアを開けたら、家の中は真っ暗。
ダンナは朝が早いので、私の帰宅を待たず、先に寝ちゃってることは良くあることなんだけど、
今日はいつもとは違ってた!!

真っ暗な部屋の中から、ふんわり漂ってくる、
何ともいえないイイカホリ!!!!!

やばい!!と思って、すかさず、
「ただいま〜。おそくなってごめんね〜」とおそるおそる声をかけてみるも、返事はなし。

ううう。おこってる。

食卓には、普段は「炒めること」しか知らないダンナが、
レシピ片手に、一生懸命作ったと思われる手作りハンバーガーファーストフードが…!

しかも、盛り付けにも凝ったらしく、
ミニトマトやら、オリーブやらまで飾って、アメリカンダイナー風。
バンズにほんのり焦げ目もついてるし、
肉厚のハンバーグは2枚。
その間に、マッシュルームとオニオンの特製ソースが…。


…9時を目指して、作ったんだろうな。
一緒に食べようと思って、待ってたんだろうな。
遅いと思って、携帯鳴らしたら、自宅で鳴るもんだから、あきれただろうな。
帰ってこないと諦めて、一人で食べ始めたんだろうな…。
そして、キッチンの後片付けをして、
12時過ぎたから、床に就いたんだろうな…。


いろんなことを考えて、切ない気持ちになりながら、
ダンナの力作バーガーを食べてます。

・・・とってもおいしいよ。
ごめんね。
そして、ありがとう。
posted by mimi at 08:54| Comment(4) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。